認知症・相続対策

                                                 一般社団法人 家族信託普及協会

 これは特殊なケースですが、相続対策として建物の建設途中で意識判断能力が出来なくなった場合、その契約はどうなってしまうのだろう、というケースです。

 父が相続対策と称してマンションを建築、完成までに1年を要した場合、その途中で父が意識判断ができなくなったらどうなるでしょう。

 

 請負契約前に信託契約、不動産移転登記をして、各種契約を受託者が行えば、引き渡しや借入のリスクが回避できる可能性があります。

 しかし、事前に金融機関や建築業者と事前相談は必要です。